リースのメリット

資金を有効に運用できます
 
リースをご利用になれば、月々わずかなリース料で、ご希望の機械設備をご使用になれます。これにより、資金が固定化されずに、お手持ちの余裕資金や借入枠を、“緊急”な他の資金需要あるいは有利な投資や研究・開発に振り向けることができ、資金の運用効率がグンと高くなります。


機械設備の陳腐化がさけられます
 
一度機械設備を購入すると、ある程度償却が進むまでは、新しい機種に替えにくい・・・という制約が生じます。リースの場合は、この制約がありません。あらかじめ将来の陳腐化の度合を予測し、リース期間を設定すれば、その期間内に完全償却したのと同じ結果になります。


リース料は経費で処理できます
 
毎月のリース料は、税法上、会社の経費として全額損金処理できます。また、月々一定リース料をお支払いいただくことで、機械設備の原価がはっきり認識でき、効果的使用の意欲も促進されます。そのうえ、業績の把握や事業計画の立案も容易になります。


100%別枠借入と同じです
 
リースは、物そのものの導入による設備調達の新しい方法です。機械設備の使用上の権益は、購入して所有された場合とまったく同じです。したがって、大分リースから設備を導入するのは事実上、必要にして充分な融資を受けたのと同じ効果をおさめます。


設備の管理事務が簡素化されます
 
購入の方法をとれば、購入の手続き、物件の償却、固定資産税の申告、保険料の支払い等、煩雑な管理事務がついてまわります。リースなら、これらの事務が不要となり、設備の管理事務が簡素化されます。


予算ネックを解消できます
 
予算制度にしばられ、機械設備を購入しにくい場合でも、リースなら容易に導入可能です。一時に多額の資金を必要としないため、資金調達部門に無理な負担をかけず、タイムリーに機械設備を導入できます。


リースのデメリット

リースは原則として中途解約ができません
 
ファイナンス・リースの場合は、税法上リース期間中の中途解約が禁じられています(ただし、残リース料相当額の解約損害金を支払えば解約することは可能です)。
したがって、仮に物件が陳腐化などにより不要となった場合でもリース料の支払いを免れることはできず、費用の固定化を招くことになります。


借入と比較して割高となります
 
リース料にはリース会社の手数料や動産保険料・固定資産税等が含まれますので金融機関借入の約定金利と比較して表面的には割高となります。


物件の所有権が移転しません
 
リース取引の場合、基本リース期間終了後、リース物件を使用するのであれば再リース(基本的には1年ごとの更新となります)となり、年間の再リース料は基本リース期間中の年額1/10となっていますが、使用する限りは再リース料の支払いは免れることはできません。したがって、物件が長期間使用できるもの(たとえば、法定耐用年数以上に使用可能)であれば、リースの方が不利となる場合もあります。