よくある質問

リースとはどういうもの?

リースとは、お客様がご希望する機械、設備等を大分リースが代わって購入し、それを月々一定のリース料でお貸しするシステムです。

リースとレンタルの違いは?

どちらも賃貸借契約ですが、次のような違いがあります。
・リース物件はお客さまが自由に選定することができますが、レンタル物件はレンタル会社が所有する在庫の中から選定することになります。
・リースは原則として中途解約ができませんが、レンタルは一般的に中途解約が可能です。
・リースに比べ、レンタルの利用期間は短期です。
・リースに比べ、レンタルの料金は割高になります。

割賦との違いは?

割賦販売では、代金の分割払いが完了するまでは、所有権は留保されますが、契約当初よりお客様は自己資産として固定資産税などを支払う必要があります。
リースでは、物件のリース期間中、そして終了後においても、その所有権はお客様に移転しません。

アフターサービスやメンテナンスは?

リース期間中の物件の維持や修繕は、お客様自身で行っていただきます。しかしメンテナンスリース(主にオートリース)には、物件の維持・修繕・保守管理サービス等の契約が付加されています。